ひがおのテキトー日記
ベンチプレスの練習記録&息子の成長記録

フォーム改良?

最近、フォーム改良に取り組んでます。(もちろんベンチプレスの)


自分の場合・・・


腰椎が伸展しにくいわりに胸椎が伸展しやすい。
肩甲骨も寄りやすく、お腹まわりがうすっぺらい。


ってなことで、胸だけが頭側に向かいながらせりあがってる状態、
胸郭が立ち上がっている状態のフォームになってます。


見た感じはお腹が高くなっているフォームよりも普通っぽく、
腹ベンチにも絶対ならなくてよいんですが・・・

ちょっとばかし問題があります。



まず1つ目が、フルギアのときの軌道がピンポイントの軌道になること。

お腹まわりが急にorなだらかに高くなっていると、キープ位置からむかって
バーの軌道はお腹に向かうため斜めになります。

どれだけ斜めになるか?ということはその人のフォームにもよりますが、
きついギアを着たときなんかは、バーの斜め度合いを強くして、
お腹側にバーをコントロールしたほうが下りやすく反撥もうまく使えます。


が、自分のフォームだと、胸だけが高くなっていて、お腹はそれより大分低い。

しかも頭側に胸が大分近くなっているため、必然的にその場所に肘をかなり開き、
キープ位置から垂直に近い軌道で下ろす必要があります。


詳しくはメンドクサイので書きませんが、この軌道だと肘を開いて
自分自身でギアの反撥を出すような形にはなっているんですが、
斜めの軌道と比べるとピンポイントの軌道になり肩上げになりやすく、
コントロールが難しい・・・。



で、2つ目が、肘と手首の延長線上にバーを乗せれないこと。

おそらくこれは自分だけだと思いますが・・・。

自分のフォームだと、せりあがった胸にバーを下ろすために
肘をかなり開きながらバーを胸に下ろしていくことになるんですが、
自分の場合、肘をはりすぎると全然力が入らなくなります。

で、はりすぎないように若干だけ肘をしぼってバーを下ろしにいくんですが、
しぼった肘の位置、そして手首にかけての延長線上にバーがあるとすると、
バーはせりあがった胸ではなく、それよりも若干だけ下。

低くなったお腹に下りることになります。


ただ、高くもないお腹にバーを下ろすとなると・・・
関節の可動が大きくなって重たく感じるとかそういう次元ではなく、
全く力が入らなくなり、全然挙がらなくなります。


で、肘の使い方は力の入れやすい若干絞り気味にしながら
バーは無理やり胸の高い位置に下ろそうとする・・・。

バーを肘と手首の延長線ではなく、ちょっとばかし手のひらの上の方に乗せ、
そこから手首を無理やり寝かせて肘の位置はそのままにしながら、
バーの位置だけを若干だけ頭側にしてバーを胸の高い位置におろす。
  
 ↑ちょっとわかりにくい


まあ、わかりやすくいういと、バーを下ろしているときは手首を寝かせ、
バーが胸について切り返す瞬間に肘の位置がバーの延長線上にくるように、
寝かせた手首を立てながらしぼった肘を開く。


ひっじょ~に、素人くさい挙げ方になっていたわけです。


胸だけがアホみたいにせりあがっているせいで、こんな挙げ方になってたとこ、
あとはちょっと前に気付いた、バーを片手ずつ握るときにすでに握り方が違うこと。

この2点のせいで肘→手首→バー、という全て延長線上に乗る形が作れず、
手首まわりが安定せずに、そこから肘まわりが安定しなくなってました。


で、こうなっちゃうとノーギアのときはまあ挙げればそれでいいので、
それほど問題はなかったんですが・・・。

フルギアの場合は肘の使い方が安定しないと、反撥がうまく使えななくなるので
かな~り問題があります。



ってなことで、上の2つのことになりにくいよう、ならないように、
フォームをちょっとばかし改良することになりました。


といっても、アホみたいにせりあがった胸がせりあがりすぎないように調整し、
若干だけお腹側が高くなるように・・・
まあ実際はいつも通りの腹の高さで、胸の高さを下げるような形の
フォームの改良(?)しただけなんですが。


一応はこの若干の改良(?)で、肘の位置とバーを下ろしたい位置が一致するようになり、
肘→手首→バーが、延長線上に乗るようになり手首を変に寝かせなくても
バーを挙げ下げできるようになりました。



今のところ、きついギアをつけて試せてはいないんですが、
理論上(?)は、大分フォームがよくなった・・・はず?なんで、
ちょっとばかし期待がもてます。


とりあえずノーギアの調子が果てしなく落ちている時期のやり始めたので、
前よりも重量が挙がらないとか、挙げにくいとか、そういう違和感も感じず・・・
いや、気にせずに練習できてます。


まっ、あとはこのフォームで結果が出せるように頑張るだけですね。

結果が出るかどうかはおいといて、しばらくはこのフォームで練習する予定です。
スポンサーサイト

絶不調⇒不調

え~、とりあえず久しぶりの日記

調子のほうは、「絶不調」から「不調」に戻ってまいりました(?)。


ちょっと書く気になれないような練習内容になるんですが、
セット重量だけを書くと、冗談抜きで125kgぐらい。

これからもうちょいは上がってきそうな感じはするんですが、
一気に通常の調子⇒好調⇒絶好調って流れはあまりなさそう。


ただ、フォームに関してはちょっと良くなってきたと思います。
グリップもやっとバーをしっかりと乗せれるようになった・・・かも?

まあ、フォーム改良の思考錯誤のせいで絶不調になったという
感じもしないでもないんですが・・・。


今のフォームに合わせてある程度地力を戻し、
フルギアも並行でボチボチと頑張っていきたいところです。


あと、なかなかうまく時間がとれないんですが、
K'sジムに行く回数をちょっとでも増やして
気持ち的にもあげていこうかな、と。

近畿ベンチ

今日はホントなら近畿ベンチに出場するつもりでしたが、
寝坊して遅刻しまい、棄権→見学のみとなりました・・・。

というのは冗談で、調子が悪く、さらにフルギアの練習もしてなかったので、
あまり出る意味がないということで棄権しました。


まあ、遅刻したのはホントで、会場についた時には、
フルギアの試合の半分が終わってたんですが・・・。


で、とりあえずフルギアの後半分を見学・・・

のつもりが、久しぶりにセンター補助にかりだされ、
Itoさんと優輝のセンター補助を。


で、Itoさんが見事マスターズⅠの日本記録を更新!!

第一試技=271kg・・・軽々あがるも尻の浮きで失敗
第二試技=271kg・・・見事成功!!
第三試技=283.5kg・・・無理やり押し切るも失敗

記録=271kg

ってな感じでした。


いや~良い記録が出ると、センター補助をやった甲斐がありますね。
「センター補助をやらせてもらった」という感じでしょうか?

センター補助をしたもう一人のほうは、3本とも失敗して失格でしたが、
Itoさんが良かったので、そっちはどうでもいいです(笑)。


あと、マッスルプロのみなさんも頑張ってました。

ほとんどの人が自己ベスト更新で、フルギアでも200kgオーバーを連発。


うーん、こういうのを見ると、無理やりでも試合に出れば良かったかも?
と、思いますね~。


調子もちょっとずつ戻ってきてるんですが、試合を見てモチベーションが
一気にあがってきたような気がします。


さて、明日も練習頑張りますかっ!!(フルギアもちょっとずつ・・・)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。