ひがおのテキトー日記
ベンチプレスの練習記録&息子の成長記録

リバースベンチ

またまた、久しぶりの日記です。

ホンのちょっと前に、名古屋に遊びに行ったような気がしますが、
実はそれから1ヶ月以上たってるんですね。

この調子で時間が進めば、気がついたら30歳、
さらに気がつけば40歳になってますな・・・。


とまあ、その辺は置いといて、今回は久しぶりにベンチのことを書こうと思います。



え~現在ですが、リバースグリップのベンチプレスにはまっております。(以下リバースベンチ)


兵庫ベンチが終わってからは、ベンチはずーっとリバースベンチだけ。

途中、リバースベンチとダンベルプレスをやっていましたが、
今はリバースベンチと、腕立てをやってます。


ちなみにリバースベンチをやっている理由は肘の使い方と軌道の修正のため。

自分の骨格だと、肘を開いて胸を使って挙上するフォームが一番力が出しやすく、
実際にそのフォームが間違いなく重量もあがります。

ただ、そのフォームだと、きつくなると必ずと言っていいほど
肩上げになっちゃうんですよね~。


ある意味、肩上げに慣れている自分は肩上げで肩を痛めることはほとんどないので
ノーギアだと別にかまわないと言えば、かまわないのですが・・・。

フルギアだと全くギアが効かなくなるので、やっぱり治す必要があるんですね。
 ←フルギアだけフォームを変えるという器用さは自分にはありません


んで、今までイロイロとフォームを改善するための工夫をしてきたんですが、
どうしても改善しつつ重量を追うことになり、重量を追っているうちに
気づいたらいつものフォームに戻っている。

そんなことを繰り返していたわけですね・・・。
 ←改善なんだから重量を追わなければエエやん・・・という突っ込みはナシで


で、今回は重量を追いながらも、絶対にいつものフォームに戻らない・・・。


というか、グリップを反対に握っちゃってるから、どないやっても
いつものように肩上げにならないということで、リバースベンチを頑張ってます。


フォームとしては、しっかりとしたパワーフォームのリバースベンチ。

グリップ幅は手首が反対向きになってるので単純に比較できないんですが、
肘周りの角度をみると、普通のフォームで81cmラインを小指で握ったぐらい。

んで、セットの組み方は、12回狙い×3~5セット。

肘が自分の得意な水平方向ではなく、苦手な垂直方向に動くので、
比較的無理のない重量を扱えるようなセットの組み方でやってます。


元々の骨格にあった肘の使い方や軌道ではないので、
リバースベンチを続けることでノーギアでの一番力の出やすい
肘の使い方や軌道が根本的に変わるとまでは思ってはいませんが、
肩上げが改善されたり、フルギアでのフォームが良くなることは、
ある程度期待できると思ってます。


あと、腕立てをやっているのは、普通のグリップで81cmラインを握ったときの
胸の筋肉の使い方と胸の付け根へのストレスを忘れないため。

まあ、最初からフォームチェック程度に普通のベンチをやっときゃいいんですが、
気持ち的にしんどいので、腕立てをやってます。


ちなみに腕立てのフォームは、プッシュアップバーを使い、両足を高い位置に置き、
グリップはフルギアで使用する斜めグリップで、しっかりと肩甲骨も寄せる。

あくまで胸のストレッチ重視でやってるんで、セットの組み方はテキトーで
大体は100回ぐらいを1~2セットチャチャっとこなすようにやってます。



とまあ、今はこんな感じで練習をやってるんですが、
この調子だと9月初旬にある西宮ベンチには確実にピークはこないですね。

一応はエントリーしたので、出場はしますが・・・。


全日本ベンチの調整前の調整試合前の調整試合・・・


今のところは、そんな感じで西宮ベンチは出場しようと思ってます。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://higaoh.blog88.fc2.com/tb.php/107-5043e259
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。