ひがおのテキトー日記
ベンチプレスの練習記録&息子の成長記録

グリップ

今までベンチプレスをやっていて、


「これは治さなあかんな~」


と、思っていたことが2つ。


1つは、リバースベンチのおかげで治った(?)『肘の使い方と軌道』 ←合わせて1つ

で、もう1つは『グリップ』。


自分の場合は、最近浸透してきてる4スタンス理論によるとB2タイプなので、
グリップは中指・薬指側でしっかりと握る斜めグリップ。

斜めがいきすぎちゃうと力が入らないんですが、適度に調整すると
このグリップが一番力が入ります。


ただ、問題がありまして、右手はうまくできるんですが、左手ができない・・・。

斜めグリップを使い始めてから、5年以上たっているわけですが、
ぜーんぜん、使いこなせていません。


ホントなら、斜めに握りながらも、しっかりと手首は立てるわけですが、
明らかに左手だけが手首が返り、高重量のフルギア練習が続くと、
左手首だけに違和感が出てきたりします。


実際に何度か人に見てもらってるんですが、

「右手は乗っているが、左手には乗ってない状態」

と、指摘されます。


肘の延長線上に手首があり、その上にバーが乗っている状態になく、
うまく力を伝えれてない状態になっちゃってるわけですね。

まあ、簡単に言うと、非常に素人臭いグリップになってるわけです。


で、リバースベンチの練習から普通のベンチプレスの練習に変えるにあたり、
せっかくなんで、そんなグリップになる理由を探ってみたんですが・・・。


意外にも簡単に理由がわかりました!


自分ひとりでやってると全然わからなかったんですが、
嫁に無理やり付き合ってもらって見てもらった結果、ふと気づきました。


わかってみると、


「なんで今まで気づかんかったんやろ~?」

「そら、左手だけうまく乗らんわ~」

「しかし、なんでこんな握り方してたんやろ~?」


と、不思議に思うぐらい、単純な間違いのせいでグリップがおかしくなってたみたいです。


いや~、気づくまでに5年と、大分かかってしまいましたが、
しばらくの間、常に意識しながら練習すると結構すぐに治りそうな感じです。


しかし、他人の間違いってのは、すぐに気づくもんですが、
自分自身の間違いってのはなかなか気づかないもんですね。


今回のことで勉強になりました・・・。

Comment

同感
私も自分のフォームを写真見るまで意識していたフォームと全く違い弱点に気付きました(^^;
でも中々直せません…

ひがおさんでも、こんな事があるとは驚きました~。

絶不調だそうですが頑張ってくださいね。

2008.10.04 22:28 | URL | パワエリ #- [edit]
グリップもどこが悪いかわかったんですが、
やっぱりナカナカ治らないですね~。

人の悪いところはすぐにわかって簡単に指摘しますが、
自分の悪いところはナカナカわからないうえに、
治す努力をすること自体が結構しんどいもんです。

たぶん、みんながそうなんでしょうが・・・。


話はかわって、パワエリさんのフルギアの試技の動画、
見せてもらいました。

初試合で、200kgはホントに素晴らしいです。

200kg→205kg(210)→210kg(215)

といった流れで、肩上げと軌道のずれさえ抑えれば、
210~215kgは十分あがってましたね。

次の試合では、230kgオーバーも普通にあがりそうです。
2008.10.06 21:27 | URL | ひがお #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://higaoh.blog88.fc2.com/tb.php/120-1b19e1e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。