ひがおのテキトー日記
ベンチプレスの練習記録&息子の成長記録

体調が良くなった・・・かも?

日曜の夜から体調を崩し、ずっと頭が痛かったんですが、
今日になってちょっとだけマシになった・・・ような気がします。

まだ、顔色が若干悪く、目元にクマができているような気がしますが・・・
なんとな~く、クマは元々あったような、なかったような・・・。


まあ、それは置いといて、ボチボチと体調も良くなってきてるので、
今日は朝のうちにチョロチョロと練習を。



<H20年3月7日(金)のベンチプレス=自宅>

パワーフォーム
 130kg×8回   軽くない
 130kg×8回   軽くない
 130kg×8回   軽くない

足上げナロー
 100kg×12回   軽い
 100kg×12回   軽い


2日前の練習でかなりバテていたんで昨日はオフにしたんですが・・・。
そのかいもなく(?)、重たかったです。

まあ、体調を崩しているからしょうがないということにしておこう。


ただまあ、グリップに関しては結構しっくりときています。
今後の練習は、基本的にこのグリップでいこうかなぁ、と。 ←練習だけ?

ってことで、次回からちょっとずつ重量をあげていきまっす。


あと、話はかわって、破門にしたピラティスのブーたれ弟子(嫁)ですが、
昨晩は自分がピラティスのエクササイズをやっているときに
おとなしく横で真似しながらやってました。

若干、心を入れ替えたように見えますが・・・まだ破門状態はといておりません。


ベンチに関しては、自分とフォームもそっくりな一番弟子になりますが、
ピラティスに関しては・・・まだ赤の他人(?)つーことで。

Comment

お邪魔します
ひがおさん、おはようございます。
こちらのブログに初書き込みさせて頂きます。
ジャパンオープンベンチ、トレローさんとの激戦お疲れ様でした。

ひがおさんの練習方法も参考にさせてもらっています。
何時も高回数(10REPS以上)をやられて、10REPSまでは挙げがハーフで残り3REPSが肘を伸ばす方法が多いように思われます。
私は、すべてのREPSはストリクトでやっていますというか、それが癖になっています。
ハーフ(表現が悪いかもしれませんが)の練習方法は、どういう所に効果があるのでしょうか。
それから、他の練習方法はされていなにのでしょうか。
高重量によるラックアウト保持とか。
先日の会場で、佐藤さんにラックアウト保持の件を聞きましたら、やっているとの返事でした。
これも効果あるのでしょうか。

他にも色々と聞きたくて、会場でお話しようと思いながら、何度も私の前を通り過ぎるのを見るだけで、恐れ多くて近寄れませんでした。

昨日のブログにも質問されていた肩甲骨の寄せも、一体どこまで寄せれば完璧なのか?これも感覚的によく分かりにくいです。

それから、以前から勝手に自分のブログにリンクさせてもらっています。
2008.03.08 09:13 | URL | 愛媛のおっさん #- [edit]
どうも、ジャパンオープンお疲れ様でした。

自分も不甲斐ない結果に終わってしまいましたが、
愛媛のおっさんさんも肩痛やデキモノなどのせいで、
納得のいかない結果のようでしたね・・・

また、次回頑張りましょう!!
(実はブログ読ませてもらってます)


で、イロイロと質問されてますが・・・

まず、ボトムサイドでの練習なんですが、

①単に好きだから
②肩や胸に最もストレスがかかる箇所でのトレーニングをすることで
 肩や胸を故障しにくい体に
③胸からの突き出し強化

まあ、その他にもあると思いますが、大体はこんな感じです

主に①になるんですが、②の意味も結構あると思います
フォームができてないと安全にできない練習になり
これができればフォームができている、
またはこれをすることで故障を回避できる・・・
みたいな感じになります

他には、普通に肘を伸ばしての練習もやってますね


次にラックアウト維持の練習ですが、自分自身ははっきりいって
意味がない練習だと思っています
(やってる人はすんません)

自分の自力に合わない重量をラックアウトしてキープしようとすると、
普通はフォームが乱れてしまい肩甲骨の寄せは甘くなります

バーの重さを肩甲骨の寄せに利用するどころか
肩や腕でバーを押し返そうとして肩甲骨が開き
通常時よりもバーと胸の距離は長くなりながら
キープ位置も通常時とはずれてきます

ラックアウトからキープというのは挙上での準備段階
自分にとっての最適な挙上の軌道を作り出すための準備段階になるので
あえてそれを乱すような練習はやらないほうが良いと思います

関節にも負担がかかるでしょうし・・・

高重量のラックアウトの練習ではなく反対に軽めの重量での
ラックアウト→キープの反復練習は意味があると思います


最後に肩甲骨の寄せですが、自分は命いっぱい寄せています

人に両肩を持てもらって肩甲骨を寄せてみたり・・・
両手を後ろに組んで肘を伸ばして肩甲骨を寄せてみたり・・・

普通はベンチの際のこれだけ肩甲骨を寄せるのは難しいと思いますが
ベンチ台を利用したりバーの重さを利用したりしながら
自然に最大限に肩甲骨を寄せるように心がけています

ただ、どれだけ肩甲骨が寄るか?というのは
その人の柔軟性によって相当異なってくると思うので

「どれだけ肩甲骨を寄せるか?」

ということよりも

「重い重量を持ったときほど肩甲骨が寄る(重さを利用するので)」

この辺りを重視したほうが良いと思います



長くなりましたが、大体こんな感じでしょうか?

こちらからもリンクさせていただきます
2008.03.09 14:50 | URL | ひがお #- [edit]
有難うございます
ひがおさん、分かりやすい回答頂きまして、有難うございました。
ラックアウトに関しましては、私の方が勘違いしていました。

たかがベンチ、されどベンチ あるレベルまでいくと頭打ち、それをどのようにして乗り越えるか 難しい競技です。

私のブログを読んで頂き、又リンクして頂き、有難うございます。

今後も宜しく御指導御願い致します。
2008.03.09 20:22 | URL | 愛媛のおっさん #- [edit]
いえいえ、こちらこそよろしくお願いします

試合会場であったら声をかけてくださいね
というか、こちらからも声をかけさせていただきます

でわでわ
2008.03.09 23:58 | URL | ひがお #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://higaoh.blog88.fc2.com/tb.php/91-1e395353
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。