ひがおのテキトー日記
ベンチプレスの練習記録&息子の成長記録

姿勢分析・・・

ちょっとばかし久しぶりの日記です。

気を抜くとあっという間に書かなくなってしまいますね・・・。



【H20年3月19日(水)】

体調が良くないので、ほとんど1日動かず。
夜は嫁と一緒になぜかPS2のゲームのかまいたちの夜2をやりました。

1年半ぶりぐらいのゲームでしょうか?
この前はぷよぷよか何かを、2日ほどやったような気がします。

で、こういうゲームは字を読んでるだけなんで気楽でいいですね。

しかし、あんまり怖くない第一話だけをやったんですが、嫁はビビりまくり。
それ以降の話は第一話の100倍怖いと言ったら

「もうやらない」

と、一言。

今回は1日でゲームを終了することになりました。



【H20年3月18日(火)】

今日は仕事を終わらせてからマッスルプロに。

フルギアの調整を軽くだけやっておきました。


まあ、内容は書きませんが・・・215kgが精一杯ですね、このままだと。



【H20年3月17日(月)】 ←ちょっとマニアックな内容かも


ちょっと前からお願いしていた、ある一定の動作時(静止)における
姿勢分析のツールを販売している業者のデモを受けました。

立位に合わせてスクワット、ランジといった動作の静止時の写真を撮り、
そこからパソコンで各場面でのチェックすべきポイントをラインで合わせると
勝手にコンピュータが判断して


「体の前傾がみられる→観測される」

「肘が前方に向いている(肩の水平内転)→観測される」

「かかとが浮いている→観測されない」


といった感じで、動作時の様々なチェックポイントでの評価をだし、
そこから、緊張が推測される箇所、筋力低下が推測される箇所を
部位別に文字と絵で表記し、さらにその評価を点数でつけてくれます。

で、おもしろいところが、結果からエクササイズメニューを作ってくれるんですが、
本人の好みに合わせてマシンやダンベルといった通常のトレーニングだけでなく、
バランスボールやフォームローラーなどの機能改善系のエクササイズも選択できて、
ストレッチなんかもスタティック、ダイナミック、セルフ、ペアといった感じで
色々と選択しながらメニューが作れるわけですね。


トレーナーにそれほど知識がなくても、多方面に渡ったメニューが作れ、
しかもそのメニューも文字だけじゃなくて、しっかりとした絵つきで
印刷してクライアントに渡すことができる。

説得力をもったメニューを、簡単に作れて、簡単に指導できる。

トレーナーの勉強用にも使える面白いツールでした。


もともと、アスレチックトレーナーの勉強用に作ったみたいで、
まあ、そっち系の人が好きそうなエクササイズが盛り沢山。


ベンチプレスやパワーリフティングのような
他の競技に比べてテクニカルな部分の少ない競技では

「いかにして怪我をせずにトレーニングを続けるか」

ということが非常に大切になってくので、
その辺りに焦点を当てたエクササイズも提供してくれるので、
私的には非常におもしろいモノだと感じました。

まあ、結局のところは他人に提供とかどうとかではなく、
ベンチプレスの役に立つか?という視点からして見てないのですが(笑)。


ちなみに自分も姿勢分析を体験させてもらったのですが、
写真で見ると意外に姿勢が良いのにビックリしました。

しっかりと肩甲骨を寄せたフォームを取る前は、
胸の筋肉が短縮し、肩が前にでたオウバイ姿勢だったのですが、
肩甲骨を寄せることで背中の筋肉も使い(アイソメトリック?)、
背中の筋肉も発達してバランスが取れたせいか姿勢もほぼ真っ直ぐ。

単純にストレッチをやったり、フォームローラーなどのツールを使って、
しっかりと筋肉を伸ばし、ほぐしていることも関係してるのかもしれませんが
全くといっていいほど背中のトレーニングを行っていないのに、
前後のバランスがうまく取れているみたいですね。

この辺りが自分がベンチプレスで全く怪我をしないということに
ちょっとは関係してきてるのかなぁ、と思ったり思わなかったり。

ただ、下半身の柔軟性のなさは予想以上で、
ちょっと頑張らないとダメですね、この辺りは。

まあ、あんまりやる気しませんが・・・。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://higaoh.blog88.fc2.com/tb.php/96-d9563104
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。